就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

就活の時計の予算は?

世界的不況ですが、日本もその例外ではありません。
ここ数年特に、不況で新卒の就活にも大変な影響を与えています。
そこで、就活でも少しでもポイントを高くして、成功に導くために、面接時の服装やアイテムにも大変気を配る人が増えてきています。
特に、ここ数年腕時計を購入する若い層、いわゆる、就活を目指す世代が増えているそうです。

かつては、携帯電話で時間をチェックしていた人も多かったのですが、やはり就職難と言うことで、少しでも自分の印象をよく見せるためにも、時計が必須アイテムになりつつあるようです。
就活で時計を購入する際、どのくらいの予算を見込むといいのか、あるいは、どのくらいの価格が一番売れ筋となっているでしょうか?
ある例では、あの時計有名メーカーのセイコーでは、就活用の人向けに2万円代の時計を販売したところ、かなり売れ行きが好調と言うことです。
時計と言っても、ピンからキリまで、あらゆる価格設定のものがありますが、2万円くらいなら、気軽に購入できそうですね。

就活で好感のもたれる腕時計とは?

就活では、スーツや靴ばかりではなく、当然腕時計でさえ、面接官に見られていることは間違いありません。
そこで、就活で好感がもたれる腕時計のタイプとはどんなものかを知っておく必要があります。
何と言っても、もう社会人になるわけですから、客観的に考えても、仕事をしてゆく上で腕時計とは、どんな位置づけのものであるのかを知ることが大切です。
常に時間に対してルーズではないことがとても重要になってきます。

そのためにも、常に腕時計をはめて、仕事上で時間の管理をしっかり行うことが出来る仕事人の条件ともなってくるのです。
しかしながら、仕事をすると言うことは、必ずその相手が存在しているわけですので、相手に不快感を与える印象の時計をしているのはよくありません。
要するに、そのデザインは「シンプル」であり、「個性的すぎない」、そして「目立ちすぎない」のが条件となります。
例えば、いくら流行っていると言っても、奇抜であまりにも目立つデザインのものを、何の考えもなく身に付けて就活に挑むことは避けたほうがよいでしょう。

就活の時計はどんな色がよいか?

就活の場で印象がよい腕時計は、シンプルで目立ちすぎない標準的なものがいいとされていますが、色については、当然ビジネススーツの色を基準に考えてみてください。
まずは、黒、茶、グレー系のものがよく合うでしょう。こういった色であれば、革ベルトでも、ステンレススチールのベルトでもどちらでもよいでしょう。
色が奇抜なもの、あるいはピンク系や白系のものも、就活にはあまり好ましくありません。
目立つ、個性的なものがいくら好みであっても、就活用には間違えても、使用することは避けたほうがいいでしょう。

ただ、ゴールド系の色は、就活には向いていないかもしれません。
ちょっと目立ちすぎます。また、スポーツ時計のように、いろいろな機能ボタンがついているものも、あまりに遊び感覚なイメージが強すぎます。
就活の時計選びは、落ち着いた色はもちろんですが、デザインはシンプルで万人向けするものが良いでしょう。
あるいは、女性でパステルカラーの可愛らしい時計を選ぶ人もいますが、スーツとあまり合わない場合もありますので、注意しましょう。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー