就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

時計のブランドはどんなものがいいのか? 

まず新卒で就活をする場合は、特にあまり効果な時計を着けていないほうがいいでしょう。
高価な時計をちらつかせているだけで、印象がよくありません。
就活用に購入を考えているのでしたら、安っぽくないけれど、高価でもない、ごく標準型のものが一番いいのです。

セイコーとか、シチズンとか、いわゆる一般受けする時計を扱っているところがいいのではないでしょうか?
値段も1万円から2万円もあれば、十分就活に通用するものが買えます。
ベルトは、ステンレスでも、革べルトでもどちらでもよいでしょう。

どちらも日本の時計メーカーとしては老舗で、しっかりしていますので、よい商品が探せるのではないでしょうか。
特に、セイコーでは、就活向けの時計モデルを販売して、ちょっと話題になっているようです。
どれもシンプルで飽きがこないタイプです。スーツにもしっかり合いそうで、やはり就活向けに作られた商品だけあり、すっきりしたデザインが特徴です。

おばさんやおじさんっぽい時計が好まれる?

「就活には、絶対時計を身に付けていったほうがよい」と一般で言われています。
それでは、どんな感じの時計を着けたらいいのか迷っている人もかなりいるのではないでしょうか? 簡単に言えば、シンプルで、目立ちすぎないものが、面接官の一番交換をもたれやすいようです。

就活を始める人の多くが、時計のタイプはどんなものがいいのか、ネットから投稿して質問している人もたくさんいるようです。
その中には、おばさんっぽい、あるいはおじさんっぽい時計がいいのか、と冗談なのか尋ねる人もいます。
普段から、個性的な小物を身に付けている人は、「シンプルで、目立ちすぎない」と聞くと、自分なりのおしゃれが楽しめない、とちょっと悲観的になってしまうかもしれません。

しかし、就活の時計を選ぶ際、とても大切なことは、社会と自分個人のはっきりとした線を引くことです。社会に出て、企業に勤めて、給料をもらうと言うことは、自分個人の好みを押し通すことではありません。その会社に入ったら、従うべきことがたくさんあるのです。

時計のタイプは、ネットから就活に向く商品がいろいろ出ています。
また、各メーカーも、ここのところ商品売り上げに伴って、さまざまなデザインがラインナップされています。
それらは、デザインもすっきりしていて、野暮ったくなく、なかなか素敵な商品が揃っています。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー