就活時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

服装・持ち物・身だしなみなどの就活マナー

腕時計以外にも服装や身だしなみのマナーは就活に欠かせません。

日経就職ナビでは寄せられたマナーに関する疑問を分類し、「先輩500人が迷った就活マナー」としてまとめられています。

基本的なマナーを身につけておけば面接でも好感度も上がりますね。




先輩500人が迷った就活マナー

就活には時計を持っていくこと

就活には、時計を持っていったほうがいいと言う話はよく聞きますが、それはどうしてかと言うと主にグループディスカッションをさせられる機会があるかもしれないからです。
個人面接ではありませんが、会社説明会を行うとされていても、実はそこに参加した学生に突然グループディスカッションを行うよう要請することがあります。
その機会に、学生にいきなりさまざまなことをディスカッションさせることで、それぞれの学生に資質を探ると言うことでしょう。

そこで、グループディスカッションでなんと時計が必要になります。
就活には、時計は必須アイテムとなります。
このディスカッションで時間を測ったりします。
一般的によく時間を携帯電話で確認する人も多いですが、就活では携帯電話を使うわけにはいきません。

また、ディスカッションを行う部屋には時計がないかもしれません。
いざ必要になる時に、大変不便な思いをします。
時間をしっかり管理できるのかどうかもここでしっかり見られています。

面接官は時計までチェックしているのか?

就活では、着てゆくスーツから靴、髪の毛や身だし並みは、もちろん時計までチェックしているそうです。特に、一部上場の企業では、それなりの観点で人選を行います。
ですから、その企業にふさわしい人材に対して、話の受け答えだけでなく、その人のすべてをチェックしていることになります。

特に、就活では身だし並み等、外観については、当然厳しくチェックします。
それは、その人が美人とかハンサムと言うレベルではなく、その企業の顔となる人と言う観点です。
面接を受ける学生もほとんどの人がかなり外観にも気を使っていることでしょう。

ですから、もしその基本的なことが欠けていたとしたら、それだけでマイナスのイメージを与えてしまいます。
ですから、腕時計のはてまで、くまなく気を使うことが大切なのです。
それが合格レベルであれば、後はその学生と面談を行なった上で、話の内容や話し方等から合否が決定するでしょう。
就活のために、時計にまで気を使わなくてよいと考えている人は、まずは考え直したほうが賢明です。

面接時に時計は必要? 

確かに就活には、時計が必要だと思います。筆記試験や会社説明会等で、あるいは一日に何社か予定を入れている場合に、移動時にはやはり時間の勝負です。
しかしながら、面接では時計は必要でしょうか? 
面接中に、面接官の前で時計をチェックするのは、あまりいい印象を受けません。

いくらその日に何件か入っていて、次のところの予定が詰まっていても、面接中に時間をチェックしているのは、何だか大変失礼だと思います。
もし、予定を入れるのでしたら、時間の余裕を持って予定を入れることがとても大切です。
時間が押せ押せになっていていると、面接によっては、次のところが間に合わないことがあるでしょう。

それどころか、面接をしている会社でも、時間が気になっていて時計をチェックしているのを見られた、結果がよくないかもしれません。 
絶対に気をつけるべきでしょう。
就活中の時間の管理はとても大切です。時間の余裕をもって、就活を効率よくこなしてください。

予算別|人気の腕時計

※就活用腕時計の選び方や条件、必用な理由についてはトップページにまとめています。

オンラインショップや口コミで特に人気のあるモデルの中でトップページ「条件」に合う時計を5つずつピックアップしました。

男性用の1万円弱で買える時計

女性用の1万円弱で買える時計

男性用の3万円前後で買える時計

女性用の3万円前後で買える時計

PR

就活用腕時計の選び方メニュー